境界・境界標【きょうかい・きょうかいひょう】



法的に確定された土地と土地との境のことを境界といいます。
不動産登記法では、1区画の土地(これを一筆の土地といいます)ごとに地番を付けます。この地番と地番との境が境界となるわけです。したがって、同一の地番の中には境界は存在しません。また、土地の境界を明示する標識を境界標といいます。境界標には工作物(くいなど)や自然物(立木など)があります。特に、境界を示すために打ち込まれた杭(くい)のことを、境界杭(きょうかいくい)といいます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 千葉 注文住宅
  • 和歌山 一戸建て
  • 流山 一戸建て
  • 長岡 平屋
  • SUB MENU

    おすすめサイト