共同建て住宅【きょうどうだてじゅうたく】



共同建て住宅とは、2戸以上の住宅が廊下、階段、広間などを共用する建て方の住宅をいいます。
集合住宅ともいい、共用する面積は問いません。一般的には木造または軽量鉄骨造で2階建て以下のものをアパート、鉄筋コンクリート造などで3階建て以上のものをマンションと呼びます。土地を有効利用できるため、都市などの人口密集地に多く見られます。
共同建て住宅は床面積30平米以上が「フラット35」の融資対象です。かつては、都市部を中心に一定の居住空間を提供することが目的でしたが、近年では共用スペースをゆったり確保し、共用施設の充実化によって住まいのクオリティーアップが図られる物件が増えています。


◆SPONSOR LINK◆

  • 名古屋 建築家
  • 注文住宅
  • 注文住宅 茨城
  • SUB MENU

    おすすめサイト