共有【きょうゆう】



2人以上で別荘を共同所有するように、複数の人が1つの物の所有権を持っていることを、共有といいます。(所有権以外の権利は、「準共有」と呼ばれています)
各共有者の持つ所有権の割合のことを「持分」(もちぶん)、または「持分権」といいます。持分は合意または法律の規定で決まりますが、それが明らかでない場合は均等とされます。
各共有者は持分に応じて、共有物の全部を使用できます。また、共有物の保存行為(修理など)は全員一致で決まります。不動産の共有者は、各持分を登記しますが、これを「共有名義」といいます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 広島 一戸建て
  • デザイナーズ 住宅
  • 群馬 住宅
  • SUB MENU

    おすすめサイト