逆梁アウトフレーム工法【ぎゃくばりあうとふれーむこうほう】



逆梁アウトフレーム工法とは、マンションの住戸の四隅にある太い柱を、住戸の外側に配置し、梁を天井からではなく、床から立ち上げる工法です。
通常のマンションでは、梁は床スラブの下側(下階の天井側)に出っ張りますが、逆に床スラブの上側に立ち上げるようにしたものを「逆梁工法」といいます。また、柱と梁を部屋の外側にずすことで、室内に柱の出っ張りが出ないようにする工法を「アウトフレーム工法」といいます。逆梁アウトフレーム工法は、この二つの工法を組み合わせたものです。
柱をバルコニー側に出すことで、室内から柱や梁による出っ張りをなくし、部屋の四隅まで有効に使えるようになります。梁はバルコニーの先端から立ち上げて手すりと兼用されます。天井に梁が出ないため、窓を高くとることが可能になり、採光や眺望の面でも優れています。


◆SPONSOR LINK◆

  • 栃木 注文住宅
  • 名古屋 一戸建て
  • 高崎 一戸建て
  • SUB MENU

    おすすめサイト